日中の眠気はこむら返りが原因!?足がつった時の対処法とこむら返りの予防法をお伝えします!パート①

「明け方ぐらいに決まってこむら返りになるんです」

「ピクピクと気配があるだけで目が覚めてしまいます」

 

治療中の患者さんがやけに眠たそうにされていたので、

どうしたんですか?と伺うと、

 

「最近夜中にこむら返りになるようになって…ぐっすり眠れてないんですよ」

「おかげで日中眠くて仕事がはかどりません」

 

そのようにお困りを聞かせてくださいました。

 

毎年、お盆がすぎて少しずつ盛夏にかげりを感じる頃から、

こむら返りに悩む方が増えるように感じています。

 

そこでこの度は、

痛くてたまらない「こむら返り」についての情報をシェアしていきます。

 

  • 【睡眠不足の原因になってしまうほどの痛みと恐怖心…】

  • 【安心して寝ていられない…こむら返りや筋肉が引きつる原因とは!?】

  • 【うつ伏せの時に足首が伸びていない理由とは!?】

  • 【パート②では】

 

 

 

【睡眠不足の原因になってしまうほどの痛みと恐怖心…】

 

こんにちは!

愛媛県西条市でいしだ鍼灸整骨院を開業しています、

石田将太郎です。

 

最近こむら返りに悩まれる方の相談を受けることが続きました。

 

痛い上に睡眠時間まで削られてしまう…。

仕事や生活にも支障がおよび、困っている。

そのようにお悩みになられている方は実は多いと思います。

 

この度はこむら返りや筋肉の引きつけになりやすい方の傾向と、

足がつってしまった時の対処法、そして簡単に取り組める予防法をお伝えしていきます。

 

こむら返りや足の引きつりにお悩みの方がおられましたら、

この度の記事がきっとお役に立てると思います。

ぜひ最後までご覧いただけると幸いです。

 

 

f:id:saijyotaro:20210821225700p:plain

 

【安心して寝ていられない…こむら返りや筋肉が引きつる原因とは!?】

 

医学的なデータや情報を集めていると、

こむら返りの原因の多くは、

 

・ふくらはぎをはじめとする膝より下にある筋肉の疲労と緊張(立ちっぱなしや運動不足)

・体内の水分不足と、電解質などミネラル分の低下

・下半身の血行不良と冷え

 

この3つがおおむねの原因となっているようでした。

www.msdmanuals.com

筋攣縮と神経疾患 より引用

 

しかし原因に対してはご存知の方もおられ、

すでに対策をされている方も多いように感じます。

 

 

それでも、

 

「やっぱり(こむら返りに)なるんです…」

 

と落胆される様子に頭を悩ませていました。

 

 

そのような中、

こむら返りにお悩みの方と、足の冷えやむくみに悩む方のお体を観察していると、

ある共通点に気づきました。

 

それは、

 

「うつ伏せで寝ている時に足首が伸びなくて隙間ができる」

 

という共通点でした。

 

f:id:saijyotaro:20210822222146j:plainf:id:saijyotaro:20210822221710j:plain

↑このような状態ですね。

 

ひどくなると、右写真のように指で支えている方もおられます。

 

 

【うつ伏せの時に足首が伸びていない理由とは!?】

 

画像のような状態は、足首の柔軟性がなくなっている様子と言えます。

原因として、ふくらはぎやスネの筋肉の疲労、緊張や冷え、お体の栄養状態が悪いことで、

足首の関節が硬くなっていることがあげられます。

 

他にも、高いヒールを日常的に履く方や、

立ち仕事の時間が長い方、重心が前方(爪先側)へかかりすぎているタイプの方に、

こむら返りになりやすい傾向を感じていますが、もちろんならない方もおられます。

 

一概には言えませんが、

同じ環境や条件の中にいても、

こむら返りや引きつけを起こす方と、そうでない方との差は、

 

ずばり”足首の柔軟性”が保たれているかいないか、

 

にあるのではないかと推測しています。

 

f:id:saijyotaro:20210821231529p:plain

 

 

【パート②では】

 

ここまでご覧になっていただきありがとうございます。

 

今回のパート①では、

 

こむら返りや脚の筋肉が引きつけを起こす原因と、

 

私なりの観察を続けてきた中での、

なりやすい方の傾向についてお伝えさせていただきました。

 

注意していただきたいことは、

足首の柔らかい方の中にも、予備軍の方がおられるということです。

 

脚の筋肉に疲労やストレスがかかり続けることで、

足首の柔軟性は少しずつ失われていきます。

 

 

そこで次回パート②では、

 

予防法と、いざなってしまった時の対処法をお伝えしていきます。

引き続きご覧になっていただけると幸いです。

 

また、

 

「毎日痛い思いをするのはもうイヤだ」

「早急になんとかして欲しい」

そのようにお悩みのある方や、緊急を要する方はぜひ当院へお越しください。

 

整体や鍼灸治療、温熱療法の組み合わせで改善した症例がたくさんあります。

 

我慢のしすぎや無理な対処法で筋肉を痛められる場合(肉離れ・筋繊維の損傷)

もあります。そういった後遺症のケアもおまかせください。

 

その他「このような状態に悩んでいます」「〇〇でも診てもらえる?」といった

ご相談も受け付けております。

 

お気軽にご連絡ください♪

 

 

・LINEからも個別の相談を24時間受付けております。

LINE: https://lin.ee/eqCoX5G  (@771gtuks)

お友達追加をしていただき、お気軽にご利用ください。

「このような症状ですが良くなりますか?」

「○○と言われましたが治療できますか?」

「最近○○がしにくいのですが原因がわかりますか?」

などとメッセージをください。

どんなに些細なお悩みでも大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(監修 柔道整復師 鍼灸師 石田将太郎)

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です